僕の人生の原点は不屈な思いでした

こんにちは
里井と申します。

2018年8月に10年間務めた
運送業を退職しました。

現在は起業、独立を経て
フリーランサー
として
拘束時間に縛られる事もなく
ストレスフリーの

『自由な時間』と『収入』を
手に入れました。

ですが決して順風な人生ではありませんでした。

これから話す事は信じてくれなくても構いません!

ですが、紹介していく物語は私の
実体験です。
嘘偽りが一切ない
ノンフィクションストーリーとなってます。

30分だけ私に時間を投資して
真剣に読んでください。

イジメられてドン底の学生時代でした。

改まして自己紹介いたします。
里井と申します。

思春期だった
中学、高時代
私はイジメられていました。

今の私を知る友人、知人は
想像できないかも知れませんが、
性格は正反対、

・嫌われたくない、
・空気を読まなきゃ
・面白い事を言わなきゃ

自分の主張を押し殺して、
周りの顔色を伺いながら生活する
そんな学生時代でした。

生まれつき体が弱く
チビでガリだったので、
体格の良い同級生達に
バカにされ
次第にイジメられるように
なりました。

気弱な僕は
怒る事もせず、
ヘラヘラと笑い過ごしてました。

当然、女の子と話す事もできず、
クラスの端っこで1人で過ごす
陰キャでした。

思えばここが、
人生のターニングポイントだったかもしれません。

僕だって、

・クラスの中心人物になりたい
・リア充になりたい
・彼女が欲しい

学生時代僕と同じ思いだった人は
多かったではないでしょうか?

高校卒業後に
運送会社に就職した私は

『モテたい』『リア充の陽キャになりたい』

そのために、、、

・オシャレをする
・トーク力を鍛える
・金を稼ぐ

この三つににプライオリティを定め
生活をしてきました。

大学、専門学校に進学した
同級生よりも
早く働く事で
誰よりも経済的に豊かな生活をしたいと思っていました。

いざ働いてみると、

朝4時に起床し、
5時に家を出て
終電で家に帰る。

お給料も
スズメの涙のようで、
びっくりするぐらい少なく、

オマケに当時暮らしていた
会社の寮がボロボロで、

共用の和式トイレしかなく
部屋はお湯がでない、

想像していた社会人とは
かけ離れた生活でした。

当時、両親に会社を辞めたいと
何度も相談したが、

お父さんも昔は給料が少なかった。

長く勤めれば必ず報われるからと説得されました。

次第に休みは減り、3日連続で
会社に泊まった事もありました。

・体育会系のような厳しい上下関係
・1日12時間以上の違法労働
・自分のキャパシティを超えた膨大な業務
・達成不可能なノルマ
・晒し者のように罵倒される毎朝のミーティング
・顔も合わせたくない上司との接待と名の飲み会

本当に辛かった。
理不尽な事が多すぎた。

目の前の上司が
未来の自分だとして、
憧れるような人は誰1人もいませんでした。

僕が描いてた大人と
かけ離れた姿が広がっていました。

皮肉、妬み、他人の悪口
それしか会話が盛り上がらない職場。

気づけば僕も自然に染まり、
当時、大学に通っていた友人と
飲みに言った時

友人
・合コンしてきた〜
・サッカーでレギュラーになれた
・彼女ができた。


・アイツのせいでミスをした
・なんで仕事をしない奴らの分まで働かなきゃいけないんだ。

自分の興味が変わっている事に
危機感を感じました。

退職を決意した事件が2つあります。

尊敬していた上司が鬱病になったことです。

激務が続く日々の中で、
上司からのプレッシャー
部下との人間関係でのストレス。

眠れない、
辞めたいと言うようになり
ついには仕事を休んでしまいました。

『給料は苦痛の対価だ。苦痛を味わった分だけ多くお給料をもらう事ができる』

これは常々仰られていた言葉でした。
苦しそうに働く姿を見てた
僕には理解する事ができませんでした。

2つ目は

隣町にある営業所で
仕事中に屋上から飛び降り自殺がありました。

面識がある人ではなかったのですが、

以前にもそこの営業所では
従業員が自殺をしており、
人が自殺する職場に異常さを感じました。

さらに組織として今回の事件を隠したのです。

運送業でしたので、
日頃から事故、労災、怪我などは
ミーティングで情報共有されるのですが、
社員が自殺した事は
一度も周知されませんでした。

風の噂ですが、
出世に関わるので、
管理者が自殺を隠蔽したようです。

会社は守ってくれないんだ

私は一部のお偉いさんの
地位と権力しか守らない
組織に呆れ、組織に頼る
リスクの大きさに気づきました。。

働くとは何か?
1つの会社に定年まで勤める事は正しいのか?

と疑問を持つようになりました。

好きな事だけをやって生きたい
嫌いな事はしたくない

私はこの事件をきっかけに
強く思うようになりました。

・理不尽な上司との仕事
・ストレスのかかる業務
・監獄にいるような拘束時間

こんな生活はもう嫌だ。

・好きな人とだけ関わりたい
・好きな時間に起きたい
・好きな時間に昼寝をしたい。

サッカーを例に

子供の頃は
ベッカムに憧れて
フリーキックの練習をしてたのが、

大人になると
フリーキックが苦手で嫌いだから
練習をする。

好きだから練習するが、
嫌いだから練習する
になってしまうんです。

日本の昔からの風習なのか
ダメなところばかりに
目がいってしまうのでしょう。

・お前はここがダメなんだ。
・何回言ったらわかるんだ。

上司によく言われたセリフでした。

この頃から起業をして社長になり、
『好きな事だけをしてたい』
『お金持ちになりたい』
『モテたい』
と思うようになりました。

その頃の僕のスマホの検索履歴は

・起業
・独立
・月収100万円
・自由
・もてるには

そんな事ばかり検索していました。

そんな中ある一つのブログを
きっかけにカメラ転売と出会いました。

カメラを売って生活、、、???

しかも月収100万円、、、!???

当時の僕はパソコンさせも触った事もなかったので、
カメラをオークションで売るだけで、
生活が出来るのか?

と思っていました。

ですが、現状を変えるには
カメラ転売しかない!!

そんな熱い気持ちで
カメラ転売を始めたました。

いつかは月収100万円!

おそらく誰もが夢見ると思います。

100万円あったら、

もっと遊べるのに
もっと贅沢できるのに
もっといい部屋に住めるのに

そのいつかは100万円はサラリーマンでいる限り
絶対に訪れない事がわかっていた。

だからこそカメラ転売で人生を変える
そんな気持ちで全力で取り組んだ

とは言え、最初から稼げるとは
思っていなかった。

自信2割・不安8割と言った所だろうか、

簡単に稼げるとは思っていなかったが、
最初は本当に苦労しました。

1日カメラ屋で検索をしても
儲かる商品が見つからない

そもそもパソコンを触った事がなかったので
オークションのやり方もわからなかった。

それでも師匠や先輩方の周りのサポートもあり、

1ヶ月目 利益1万円

3ヶ月目 利益10万円

6ヶ月目 利益15万円

12ヶ月目 利益 30万円

と次第に稼げるようになり

あるコツを掴んでからは

副業で40万円以上
稼げるようになりました。

パソコン一つでカメラを
買う事ができる様になり、

忙しい本業の片手間でも
稼げるようになりました。

本業が毎日12時間働いて
手取りで18万円

カメラ転売が
毎日1時間で40万円

カメラ転売がサラリーマンの
収入を超えました

その頃から、
カメラ転売の実績
カメラ転売のノウハウ
自分の経歴

をブログで書き始めました。

最初はブログで稼ぎたいとかでは無く
自分自身の振り返りの為に
ブログを書いていました。

コツコツと1年ぐらい書き続けていたら、
次第にアクセス数も増え
コメントを頂く事も多くなりました。

とは言え、ブログで稼げるとは
その時も思っていなかったです。

それ以降も淡々とカメラ転売を継続して
いました。

そのうちに会社を辞めても
カメラ転売で生きていける!

と思える様になり、

2018年の10月に会社を
退職しました

カメラ転売を始めて1年半後に独立し、
フリーランスとして生活する事ができるようになりました。

今振り返っても、こんな未来が
待っているとは思ってもいなかった

カメラ転売を始めて良かったと
心から思っているし、

カメラ転売を教えてくれた
師匠には本当に感謝をしています。

師匠のブログ
http://camera-tenbai.com

会社を辞めた情報を聞いて、

友人からカメラ転売を教えて欲しいと
お願いされる事も増えてきた

1人の友人をコンサルさせて頂き
僕が学んできた事を全て伝えました。

友人も次第にカメラ転売で
稼げるようになり、

もしかして僕の学んだ情報は
有益で価値のあるものではないか?

と思うようになりました。

これが一つの転機でした。

友人をコンサルしている様子を
ブログに書き続けていると、

ブログの読者さんからもコンサルをして欲しいと
言われるようになりました。

現在、3人のコンサルを
させて頂いております。

僕の学んで来た事を教え
喜んで頂ける。

これほど幸せな事は
無いと思っています。

現在もブログを書き続けて、
よりみんなのお役に立てればと
思っています。

なぜこのブログを始めたのか?

カメラ転売のブログを書いている事を
友人に話していたのがきっかけです。

ブログの書き方を教えて
くれないか?

と言われ

そうだ!!!

ブログで稼いでいる情報も
知りたい人がいるはず!

と思いブログを始めました。

インターネットが発達した今の時代
僕はもっと沢山の人が

ブログやSNSを通じて
情報を発信するべきだと思っています。

あなたの持っている特技や仕事の知識を
知りたい人は沢山います。

だからこそ、このブログを通じて
ブログでの稼ぎ方を発信していけたらと
思っています。

ぜひ!
応援よろしくお願いいたします。

最後までお読み頂き
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください